ピンボールマシン ターミネーター2

サイト内の現在位置を表示しています。

RPA(Robotic Process Automation)

NECマネジメントパートナーの取り組み

RPAが実現させる、業務の効率化と高度化

RPA(Robotic Process Automation、ロボティック・プロセス・オートメーション)は、これまで人手で行っていた作業をソフトウェアロボットを用いて自動化し、効率化、高度化に結びつけるための技術的な手段です。

NECマネジメントパートナーでは専門組織として「RPA推進センター」を設置し、RPAや自動化ツールの業務導入を積極的に推進することで、自動化を通じたNECグループの業務効率化、さらには高度化を推進しています。

RPAが実現させる、業務効率化と高度化

取り組み事例

CASE1:導入プロセスの標準化

NECマネジメントパートナーではRPA導入を検討する部門(対象:導入を検討するNECグループ全社、全部門)にセルフアセスメントシートを提供しており、導入プロセスでは業務可視化・整理度を踏まえ業務の自動化適性度を確認いたします。
業務内容を最も理解している主管部門がアセスメントを実施することで、RPA導入前に必須となる業務整理をはじめとする自動化検討期間の短縮を実現します。

アセスメントシートによる業務整理

CASE2:確認プロセスの自動化~ミスの低減・後戻りの低減

「人手による申請で生じていたミスと戻り工数」は、社内営業支援部門での受注情報登録プロセスにおける課題でした。

NECマネジメントパートナーでは課題解決の手段として「RPAによる確認プロセス自動化」を導入することで、受注情報登録時のチェック漏れ防止を実現しました。
チェック漏れ防止を通じて戻り工数を削減すると共に、伝票入力者のシステム登録前確認プロセス(時間、労力)の大幅削減が可能となり、さらには、差し戻し発生が無くなり、申請期間の短縮も実現できました。

RPAによるプロセス効率化と高度化